イボ取り野郎

5種類の顔イボの取り方

 

顔イボはひとつできると数がどんどん増え沢山あらわれます。
そのため、早めに除去を行い、予防として肌の状態を整えるのが非常に大事となります。

 

顔イボを除去するための方法は5つとなります。

 

  1. クリームやジェルを使いポロリと落とす
  2. ヨクイニンなどの市販薬で体の内側からの改善
  3. ハサミやピンセットで取る
  4. レーザーで焼ききってしまう
  5. 液体窒素を使い凍らせ細胞を死滅させる

 

どの方法を選ぶかにもよって、金額や特徴も異なります。
健康保険が適用される方法もあれば、病院へ行かず自宅で行える方法と様々です。

 

メリットやデメリットを踏まえた特徴を紹介していくので、あなたにあった方法で除去するようにしましょう。

 

顔イボを除去する方法のメリットとデメリット

 

はと麦(ヨクイニン)が配合された顔のポツポツのための化粧品が販売されています。ヨクイニンの効果によって、角質をやわらかくしポロリと自然に落とすためのクリームが通販で販売されています。

 

メリットとしては4つあります。

  • 自宅でできるので手間がかからない
  • 自然に落とすので痛みがない。
  • 傷跡の心配が必要ない
  • 肌の改善を行うので予防効果がある

デメリットとしては薬局やドラッグストアで販売していないことも多く、通販での販売がメインとなります。

 

普段の化粧品として使うこともできますし、病院での治療よりも安く行うことができます。そのため、人気のある方法となります。

 

ヨクイニンなどの市販薬で体の内側からの改善

 

ヨクイニンが配合された錠剤タイプの薬や漢方が販売されています。
クリームが直接患部につけることとは異なり、からだの内側から改善を行っていきます。

 

メリットとしては毎日飲むだけなので手間がかかりません。
薬局などで販売もしているので簡単に手に入れることができます。

 

但し、デメリットとしてはからだの内側からの改善となるので効果があらわれるまでに時間がかかることです。
速効性のある方法ではないので、我慢強く飲み続けることが必用となります。

 

ハサミやピンセットで取る

 

皮膚科での治療方法となるのですが、ハサミやピンセットを使い強引にイボを切除してしまいます。
病院によって麻酔注射を打つところと打たない場所があります。

 

メリットとしては医者が行ってくれるので安心することができます。

 

デメリットとしては3つです。

  • 根本的原因を取り除いていないので再発する可能性がある
  • 傷跡が残る
  • 半ば強引な方法でもあるので痛いことがある

 

根本的な原因の改善を行っている訳ではないので再発してまた、イボがあらわれることもあります。
また、痛いなどの特徴もあり避ける人は多いです。

 

くれぐれも自分で行うのだけは皮膚をきづつけてしまう可能性があるので絶対に行わないでください。

 

レーザーで焼ききってしまう

 

レーザーを用いて直接、顔イボの患部に照射することで焼ききってしまう方法です。
皮膚科や形成外科で行えるのですが、病院によって取り扱いがない場合もあるので事前に確認が必要です。

 

健康保険に関しては症状にもよって異なってきます。
全額実費となることが多いのですが、保険が適応される場合もあるので治療前に確認をした方がいいです。

 

治療後に関しては黒い跡が残ります。だんだんと時間がたつにつれ消えていくのですが、傷跡が残ることもあります。

 

液体窒素を使い凍らせ細胞を死滅させる

 

液体窒素と呼ばれる非常に冷却力の強い成分を綿棒などに付け、患部に塗っていきます。

 

顔イボを凍結させることができるので、細胞自体を破壊することで除去を行っていきます。
保険が適用されるので費用は数が多くても2万円を越すことはないです。

 

大抵、1個当たりに対して500円から1000円程度の価格となります。

 

デメリットとしては原因の改善を行っていないので再発する可能性があることです。
また、何度か通院しなければいけないケースもあり、めんどうだと感じる人も多いです。

 

 

おすすめの顔のイボを除去する方法

 

顔イボを除去する方法を5つ紹介させて頂きましたが、おすすめの方法としては専用のクリームです。

 

肌の状態を同時に整えることができるので、予防としての効果を得ることもできます。
顔イボは再発がしやすい病気でもあるので、根本的改善は行っておいた方がいいのですね。

 

また、病院へ通院する手間がないので、毎回待ち時間に耐えなければならない心配もいりません。

 

最近では専用のクリームを使う人もどんどん増え、非常に人気のある方法となります。

  • 費用を抑えたい
  • 自宅で行いたい
  • 痛いのは嫌だ
  • 傷跡が残るのが心配
  • 予防も行いたい

 

これらに一つでも当てはまるのであれば、クリームを使ってケアを行うのがおすすめです。

 

 

page top